Featured Tracks

Links

Mari Iijima Email List

Join the email list :)

 
The Story of Yuuki & Mari 3-26-2015

This is how I met Yuuki for the first time at West LA Animal Shelter on March 18, 2015 (He just came to the shelter the day before) . Something about him. He was different. I loved/love his eyes. I knew he would never bullshit me. He never barked at me or anyone. He was centered. He had this stillness in him. It was a brief moment, but I felt we had a connection. 私はこのビデオのように、2015年3月18日に、勇気と、ウエストロサンゼルスアニマルシェルターで出会いました。彼はこの前日に、何処かで誰かに見つけられてここへやってきたのです。彼はほかのわんちゃん達と、どこかが違いました。彼の目が好きでした。彼は凛としていて、心に静けさを持っていました。ほんの短い時間でしたけど、目と目が合った時に、私と彼の間にあるコネクションを感じました。I had a few dogs I liked in both South LA and West LA shelter. I let my heart guide me. And it was clear that I wanted to be with Yuuki. 前日にサウスロサンゼルスのシェルターも訪ねていた私には、気に入ったわんちゃんが数匹いました。でも、ウエストロサンゼルスの方で勇気を見て、時間が経つごとに、私はこの子をお家に迎えたいと強く思うようになりました。I went to see him again the day after my first visit. There was a new white dog in his shelter and he was literally bothering him. Jumping on him, biting his ears. I talked to a shelter person about it but she told me they were just playing but I knew it wasn't just playing. More than ever, I felt the need to protect Yuuki. I went to the office and asked when I could come back and adopt him. She said "8 AM Saturday, March 21. " But there was another factor to this story. The person who found Yuuki was interested in adopting him. And that person had the first right to do so between 8-9 AM on Saturday. Yuuki's happiness and well-being was my No.1 priority but I have to admit, I was a bit wearily about the fact that someone else had the right to have him first. 19日の午後に、自分の心を確かめたい気持ちもあり、もう1度勇気に会いに行きました。そしたら、前日にはいなかった勇気よりも大きな白い犬が同じ檻にいて、勇気に飛びついたり耳を噛んだりして乱暴にしていました。勇気は我慢強くしていましたが、嬉しくはないようでした。その犬の様子が気になってシェルターの係員にすぐに話をしましたが、”ただ遊んでいるだけだよ”とかわされてしまいました。でも私にはそれが”ただの遊び”でないのがわかりました。(この子を守らなくては。)私は以前よりも増して強く思いました。事務所に行って、勇気をいつアダプト(レスキュー)出来るのか聞きました。そしたら3月21日土曜日の朝8時です、と言われました。しかし、です。勇気を見つけてシェルターへ連れて来た人が実は勇気に興味を持っていて、その人に勇気を取りに来れる権利が一番先にあると言われました。なのでその人が朝の8時から9時の間に現れれば勇気はその人のもの。現れなければ、9時の時点で私に権利がまわると言われました。(はぁーー。)誰が面倒を見ても勇気が幸せになれるのならそれでいいのですが、でもやはり、心の繋がりを感じた時点で私がおかあさんになりたかったので、(どうか私の元へ来てくれますように)、と祈らざるをえませんでした。Although I knew I couldn't do anything about it, I woke up early and went to the shelter at 7:45 AM. I was the 2nd one at the door. And the 3rd person came. We were all waiting for the door to open. We were nervously checking each other that which animal(s) we came to get. We all had different preferences. And that gave me some comfort. そして3月21日。第一権利者の事があるので、朝の8時にシェルターに行ってもどうにもならないのはわかっていながらも、私は早起きをして、7時45分にはシェルターの正門で事務所のドアが開くのを待ちました。私を含めて三人の女性がそこには居て、お互い直接は聞かないにしても、同じ動物をレスキューしたくてそこにいるかの確認をしたくって、何となく牽制し合っていたところ、全員が違う犬や猫をめざしてそこにいる事がわかり、みんなでほっと胸をなでおろしました。そしてそこからは同志のような感覚になりました。I went into the office, sat on the couch waited, and waited. It became 8:10 AM. The person who found him wasn't there. Every time some person came into the door, I was like (is this it? Is this the person?"). 8:30 AM came. I was still the only one who came for Yuuki. The other ladies who were at the door in the morning were all encouraging me. One lady said " I'll block the door for you!" She was so nice. :)そしてドアの鍵が開き、三人で駆けるように事務所に入りました。ほかの二人はすでに、自分の欲しい動物達を事務所にクレームしています。私はカウチに座って1時間待たなければなりませんでした。人が入って来る度に、(この人が勇気を見つけた人か?)と心臓がドキドキしました。8時30分になってもその”第一権利者”は現れませんでした。一緒にドアの前で待っていた女性二人は、自分たちの欲しかった犬や猫と再会してお家へ連れて行く手続きをしながらも、私の応援をしてくれていました。8:45 AM came. I was still the only one waiting for Yuuki. Then 8:55 AM came. The office person said " I'm surprised she is not here because she called the office yesterday and told us she will come get the dog". I was like (Wow . . . she can still slip in). 8時45分。まだ私一人だけが勇気のためにそこに座っていました。そして8時55分が来た時、事務所の人が私に声をかけました。”ちょっと驚きだわ。だって昨日ね、この第一権利者の女性、犬を明日取りに行くって電話して来たのよ。目覚ましの時間でも変えたのかしらね”。でも、まだ油断は出来ませんでした。9時までの間に駆け込めば、勇気はその人のものです。9 AM came. They told me I could have Yuuki. "Yes!!" I exclaimed in my heart. 9時になりました。そして事務所の人が言いました。”この犬はあなたのものです”。私は心の中で”よかった!”と喜びました。Yuuki came into the room. He was frightened he didn't know what was happening. So I couldn't have any eye contact with him and I felt a little concerned. "Do you still want him or not?" I said "Yes, of course". I went ahead to start the paper work. Then the shelter person came to told me "He is sneezing. We think he has "upper respiratory infection". (What? Wow . . . ) They were gonna neuter him that day and I was gonna come get him the next day, but they told me they weren't going to able to have a surgery on him because of his condition that day. They asked me to take him home. I was gonna have 24 hours to be prepared for Yuuki. I was gonna clean the house, buy a crate and everything. It was something unexpected but I didn't change my mind. I told myself "Ok . . . I will try my best".勇気が係員に連れられて事務所に入って来ました。彼には何が起こっているかわからなくて、少しこわがっている感じで、私と目が合いませんでした。少し心配になりました。係員の人が”あなた、まだこの子を欲しいの?”とすかさず聞きました。”もちろんです。”そして窓口で書類などの手続きを始めました。そしたら、その係員が戻って来て私に突然言いました。”この子くしゃみをしているので、アッパーレスパトリーインフェクションにかかっている可能性があるので、家に今日連れて帰って彼を治して下さい。”本当は、アダプションの手続きが終わった後、勇気は虚勢の手術をして、シェルターでもう一晩過ごす予定でしたので、私にとってはそれは急な事でした。家の中も心も、まだ完全に整理は出来ていなかったからです。彼が家に来る前に、あと24時間あると思っていました。Yuuki was so so good from the beginning. He never did anything bad. But when he ran in the living room. I felt like crying. I thought maybe it was scaring Bunny's spirit. I started to cry. A bunch of brand new conflicted emotions came up. I called a few friends and they all were very helpful to calm me down (thank you) and I started to adjust to my new life with Yuuki day by day.勇気は思った通り、最初から、手のかからないとても良い子でした。何も悪い事をしないのです。そういう意味ではバニちゃんと同じです。しかし、家に入って来た時、まだ床が散らかっていた居間をエキサイトして駆け回った時、私は思わず泣きたくなりました。バニーのスピリットが犬をこわがっているのではないか。大事に大事にして来た、バニーがいたスペースを荒らされてしまうのではないかとか。バニちゃんに対して申し訳ない気持ちというか、複雑な気持ちがどんどんこみ上げて来ました。そして、勇気をテラスに出して、私はそこから、アンディや数人の友達に泣きながら電話をしました。”どうしよう。もしかしたら面倒見切れないかもしれない。”と。私はバニーの死がきっかけで、3月の初めから鬱を煩っていましたので、犬を家に招き入れ、一人で面倒を見始めるというのは、大変大きな決断でした。それは感覚的にわかっていたのですが、勇気が家に来て、初めて現実の事として把握出来たという事です。でも、この子をシェルターに戻す事だけは出来ないと、それはわかっていました。どれだけこの子が欲しかったか。早起きをして、我慢強くようやく手に入れた宝物ですもの。何よりも、私にレスキューされたこの子を、再びがっかりさせる事だけは出来ません。勇気と時間を過ごすごとに、新しい生活に慣れて行きました。私とバニーと勇気。バニーの事も決して忘れていないし、いつも一緒です。Upper respiratory infection is like a human cold. But it's more serious than human's. So . . . I've taken him to the vet already 3 times since March 21. I am a little traumatized because I just lost Bunny. I'm paranoid about all this but I am handling the situation very thoroughly. Also . . . now he is very attached to me that I can't even leave Yuuki alone in his crate for 5 minutes. He had a separation anxiety panic attack yesterday. I have to figure out how I'll be able to go to Brazil in this situation. My heart aches about that but I have to work . . . mainly for Yuuki now. ;)アッパーレスパトリーインフェクションとは、人間で言うと”風邪”の事ですが、犬の場合はもう少しシリアスです。3月21日から何度かお医者さんに勇気を連れて行きました。バニーを病気でなくしたばかりですので、家に来てすぐに勇気が動物病院のお世話に何度もならなくてはならないという事は、正直辛い出来事でした。(お天気がこんなですから、アレルギーの疑いもあります。)Lastly . . .I'll make this short for now (someday I'm gonna write all about this) but I truly believe Yuuki is a present from Bunny. I know it. We (Bunny and I in the spirit world) talked about it at the beginning of March. I had a favor for Bunny, and he answered. He made my wish come true. He might have even stopped the 1st right person's alarm clock Saturday morning! I love you, Bunny. We are and we will be always together. I love you, Yuuki. I'll take care of you with all my heart and soul. Thanks, everyone.最後に。この事については、なるべく短く文章をまとめたいと思いますが、私は、バニーが勇気を私の元に連れて来てくれたと信じています。バニーからの贈り物です。実は、3月の初め、私が本当に辛かった時に、私はバニーにお願いをしました。(バニー、生まれ変わって帰って来て!でももし、あちら側での生活が美しく楽しくそれを満喫しているのなら、私のために無理をして帰ってきてくれなくてもいいよ。でもそのかわり、ほかのうさぎさん、もしくは犬でも猫でもいいから、私のところへよこしてくれる?私が大好きになれる誰かをだよ?お願いね、バニー。)あの運命の土曜日、3月21日の朝に、第一権利者の女性の目覚まし時計を止めてくれたのはバニーかもしれません。バニーの事、心から愛しています。そして、勇気の事も精一杯お世話して可愛がります。三人ずっと一緒です。みなさんありがとう。

Posted by Mari Iijima on Thursday, March 26, 2015