Featured Tracks

Links

Mari Iijima Email List

Join the email list :)

 

 

 

Wrong Distance

本来なら、Long Distance(遠距離)なのですが、

Wrong Distance(間違った距離)というタイトルに変えました。

距離を縮めた事がまず間違い、という思い。

日本人(アジア人?)は、RとLの区別が出来ないと、

英語圏でフレンドリーなジョークのネタになるのですが、

それを文字ってダブルミーニングにしました

(WrongはWで始まる言葉ですが、発音的にはRです)。

イントロ頭にテープの巻き戻し音があるのは、

本当はもうこの事を語りたくはないけど、

この曲をアルバムに収録したかったので、音楽のためにだけ、

人生を少し巻き戻します、という前置きです。

オープニングトラックに相応しい勢いある出来になった、

と私は思っています。

 

ひとり-Solitude-

アレンジ的に、まずカスタネットを使いたいというのがあって、

本物を使いたかったのですが、最終的にはキーボードで叩きました。

子供の頃にバレエで踊ったスパニッシュダンスのイメージや、

時代的には、1940年代なのか50年代なのか、

レトロな気分が自分にはありました。

それを目指したわけでも、比較しながら作ったわけでもありませんが、

これは、2016年版の”ひとりぼっちが好き”ですね。

 

殻-Shell-

これは、二つの関係性のないドラマを、

1つに繋ぎ合わせて完成させた特殊な曲。

1番のサビ前まで書いて中途半端な状態で保存されていた曲に、

新たに生まれた別のドラマを書き加えました。

多分、流れ的にはスムーズに聴いていただけるんじゃないでしょうか。

私は大サビ(ブリッジ)のI’m swimming in the grey

(私は灰色の中を泳いでいる)というところが気に入っています。

白でも黒でもないグレーなエリアで時間を費やす事って

私は苦手なんですけど、

最近はその練習も、あまり思い詰めないようにしながら

ふわっとやっています。

 

Yuuki

While I was trying to record this vocal,

Yuuki climbed up on me so I sang while holding him in my arms. 

This is a song about how we met.

My favorite part is where I'm telling Yuuki

"Fixing my heart is not your job. I'll be healed by loving you. "

この曲の歌入れをしていたら勇気が抱っこして~と

椅子に爪先立ちしてきたので

(そうです、スヌーピーのように二本足で)、

腕の中に抱っこしながら歌いました。ママから勇気へ愛と感謝を込めて。

This is for Yuuki with all my gratitude. 

 

The Greatest Teacher of My Life

この曲は、愛するバニちゃんへ感謝の気持ちを込めて捧げる曲です。

サビのメロディーと詩と共に、曲全体が流れるように一度に出てきました。

なので歌も、流れるように一度で歌ったような印象にしたいと思いました。

バニーは自分の命を持って、私を救い目覚めさせてくれたのです。

This song is dedicated to Bunny.

It's about how he helped me through

while I suffered deeply after his sudden passing.

I love you, Bunny. xx

 

Rewind My Life for The Sake of My Music

音楽のために、もう一度時間を少し巻き戻します、

というインタールードです。

庭で自然音を録音しました。

 

New Kind of Crisis

ネット上にハンドルネームで存在していたある日、

ある人からダイレクトメッセージをもらいました。

自分もフォローしていた人なのでびっくりしましたが、

そこから会話は始まりました。

ある日、本当の名前を教えて!と言われました。

でも、教えたらいろんな事が知られてしまう。

現実的な事柄から離れて、

ふわっとお友達を続けていたかった私は凍ってしまいました。

この曲は、その名前を聞かれた瞬間の、

私の気持ちを描いた曲です。

昨年の東京でのライブの前日に、

持っていたUSBキーボードで一気に書き上げ、

詩はしばらく練りました。

名前を教えたらあなたは私のフェームを知ってしまう、

というくだりは、

私が有名だ、という事ではなく、過去の仕事の情報から、

私の年齢までオートマティックにばれてしまうという事。

私の年齢を知ったら、マジシャンのフーディーニのように、

あっという間に私の前から姿を消すだろうな、

とそう思いました。私にとっては、結構真剣な苦悩でしたので、

これこそ、このご時世ならではのクライシスだな、と。

 

Deep Deep Love

This song is dedicated to my friend who I have never met but I cared for dearly.

He was/is a fan of my music. He was/is an artist.

He made a transformation to the other side earlier this year.


He often told me my music helped him while battling his illness.

(Especially one of my tracks called "Pink Bed, Blue Bed")

I couldn't imagine he was that ill when I spoke with him through emails.

He was trying to let me know that but I was way too optimistic

or maybe even casual about it. I felt terrible afterwords.


I had so many things I should’ve done with/for him while he was still here.

(He wanted to collaborate with me after he comes back from the surgery. Film x Music)


The day he passed . . . While I was sitting on my favorite bench in the backyard with my dog,

I felt his presence in the air. At the same time, I felt this sudden urge

so I left a voice message on his phone through IM for the first time.

I came into the house and logged onto Facebook,

then I found out that he was already gone. I was truly devastated. I cried. It took a while for me to process all.

But now, I feel that we are connected through deeper dimension.

He can travel to me at any time he wants as a ray of light or soft breeze, etc etc.



I also dedicated a ballet piece to Tony during my concerts in Tokyo on September 3, 2016.

I danced to one of my older tracks called "midori".

I wrote that song about 30 years ago and I wasn't aware of what I was actually expressing through it at that time.

When I decided to dance to "midori", I felt as if the song existed here for this occasion.

The song goes . . .  "I don't know anything about you and yet I know everything about you."

"I've never met you, but I will see you again."  


Lots of love. xxx


 

A Dream of Consciousness

Consciousness walking on the surface of the Earth while whistling.

That kind of image.

Consciousness - Awareness - God knows how to take it easy too. 

The world we live in is a dream of consciousness.

 

Awakening

The most important song on this album.

My awakening is for you.

Your awakening is for the world.

When all of us wake up, we finally achieve WORLD PEACE.

 

Thank you for your support on my music.

Mari xx

©marimusic2016